念仏宗【念佛宗】三寶山無量壽寺 お釈迦さまの教えの広場

お釈迦様の教え 真の仏教を学び実践する

教えの広場とは

お釈迦様の教えにふれて、真の仏教を学び、そして、実践できるように、
毎月、今の時代に沿ったお釈迦様の教え「仏教」を配信しています。

ぼくわた

ぼくとわたしのほとけさま
一番伝えたい大切な心 子どもたちに大きな夢と希望を

その58 念佛宗 今月のものがたり「ミツバチ ビー」

その57
心の見える貝

ある村に ヨネばあさんという おしゃべりな おばあさんがいた。村人のうわさ話や 悪口が 大すき いつも 村中を 歩きまわっては…

その56
さびしんぼうの

木の上に スズメの家が ありました。 家の中では 二羽のスズメが ふるえていました。
じつは あばれゾウが やってくるからです。あばれゾウは…

その55
三頭の子牛

むかし ある村の男のもとで 三頭の子牛が かわれていました。それぞれ「黒丸」「赤丸」「白丸」と名づけられ 荷ぐるまをひいて 荷もつをはこぶ 仕事をしていました…

まなびの泉

日々の道しるべ
身近でわかりやすい お釈迦様の教えにふれる

その49 念佛宗 今月の教え「迷いが道を開く」

その48
子を思う親心

親子で一緒にいると、「君はお父さん似だね」「だんだんお母さんに似てきたね」などと言われたことはありませんか。顔だけではなく、行動や性格

その47
周りとのつながり

私たちの身の回りにあるもの、起こることには、全て、何らかの原因と縁があります。
今回は、私たちが色々な人やものとの関わりの中でつながり…

その46
命を大切にする

皆さんは、遅刻をしない、持ち物や宿題を忘れないといった「決まり」を守らずに、学校の教師や両親から注意されたことはありませんか。二千五百年前…

 

珠玉の言葉

平成の御代 心の時代を生きる仏教精神

その49 念佛宗 今月の言葉「どうして君は 自分の目で観察しなかったのか」

その48
失ったものを数えるな

世界で初めて障害者による競技大会を開催し、「パラリンピックの父」と呼ばれるユダヤ系ドイツ人医師ルードヴィヒ・グットマンの言葉です…

その47
心に勇ある時は

戦国時代の武将、上杉謙信の家訓十六ヶ条、「宝在心」にある言葉です。
勇とは、儒教における徳目の一つで、困難が予見されても…

その46
忿懥(ふんち)する 

中国の儒教の四書の一つ、『大学』にある言葉です。「身を修めるには、心を正しくすることが必要である」という文に続いて、「忿懥」という感情では…

 

みんなの道徳

仏教に基づいた道徳観をわかりやすくお伝えします。
小さいお子様には、ぜひ、ご両親が読み聞かせてあげてください。

教え14 念佛宗 今月の教え「素直」

その13
うらまない

友だちやほかの人から、いやなことをされることがあります。そんなとき「やりかえしてやろう!」と思ったことはないですか。いやなことをされたから…

その12
言葉2

うそや悪口ではなく、善い言葉を話すようにしましょう。善い言葉とは、善い心からうまれるものです。たとえば、心から「ありがとう」と言うこと…

その11
言葉1

悪い心でうそをつくことはいけません。うそをつくこと自体、よくないことですが、「相手をだましてやろう」という心が、本当に悪いことなのです…

ジャータカ物語

おしゃかさまや弟子たちの 生まれかわりの姿が描かれた物語です。

第14話 念佛宗 今月のものがたり「猟師と子供たち」

第13話
オウムの王

とおい むかしの おはなしです。ある国に 広い田んぼを持つ バラモンの村がありました。バラモンは 田んぼに 実った米を 他の者に 分ける 気持ちがなく いつも見はり…

第12話
もとめる 心

とおいむかし 雪ぶかい ヒマラヤのふもとで 雪山童子というわかものが本当の幸せをもとめてきびしい修行をつんでいました。ある日のこと 童子の耳に風にのって…

第11話
馬と王さまたち

むかし インドに たくさんの たからものが 集まる ゆたかな 王国がありました。
まわりの 七つの国の 王たちは たからものがひとりじめされていると…

お釈迦様のお話

お釈迦さまのご生涯を通して、仏教の教えを、学んでいきましょう。

その4 念佛宗 今月のお話「ご生誕直後の悲劇」

その3
幼き日のお釈迦様

母親を亡くされたお釈迦さまは、摩耶夫人の妹である、摩訶波闍波提の深い愛情のもとで育てられ、すくすくと成長されました。そのような中、お釈迦さまを悩ませる…

その2
ご懐妊

今からおよそ2500年前、現在のインドとネパールの国境近くに、カピラ国がありました。
そこには、釈迦族と呼ばれる人々が住んでおり、王さまは浄飯王、お妃は…

その1
ご生誕

それから数ヶ月が経った、4月8日のことです。お妃は、出産に備え、故郷へと向かう途中、ルンビニーの園に立ち寄りました。そこで、お妃が、美しい花の咲いた一本の木を…

暮らしの中の仏教語

私たちが普段使っている言葉には、多くの仏教語があります。
暮らしの中の仏教語を紹介することで、仏教に関心を持つきっかけになれば幸いです。

その12 念佛宗 今月の言葉「室内」

その11
退 屈

「退屈な日曜日」「退屈な話」など、何もすることがなく、暇をもてあましていること、つまらないという意味で使われる「退屈」。これは、もともと仏教の言葉です…

その10
食 堂

学生食堂、大衆食堂など飲食をする場所が、食堂(しょくどう)です。これはもともと仏教語で、「食堂(じきどう)」と読みます。食堂は、寺の主要な建物である…

その9
おっくう

気乗りせず、面倒くさいという意味で使われる「おっくう」という言葉があります。この言葉は、もともと仏教から生まれたもので、漢字では、「億劫」と書きます…

お知らせ

参 詣 の ご 案 内

念佛宗総本山「佛教之王堂」の一般参詣は、ご近所の迷惑にならないよう事前申込制とさせて頂いております。
念仏宗総本山 御参詣希望の方は こちらから ▶
当寺は観光寺院ではありませんので、拝観料はいただきません。


4 月 8 日 は 仏 教 の 日

2017.04.08

 
毎年4 月8 日 「仏教の日」に、全世界仏教徒の聖地「佛教之王堂」にて参詣者一人一人に対して行われる「灌仏式」「灌頂式」(無料)は、経典に、莫大な功徳があると説かれている仏縁です。
全世界の仏教徒と共に、「仏教の日」を祝い、善き仏縁に触れましょう。