念仏宗【念佛宗】三寶山無量壽寺 お釈迦さまの教えの広場

お釈迦様の教え 真の仏教を学び実践する

教えの広場とは

お釈迦様の教えにふれて、真の仏教を学び、そして、実践できるように、
毎月、今の時代に沿ったお釈迦様の教え「仏教」を配信しています。

ぼくわた

ぼくとわたしのほとけさま
一番伝えたい大切な心
子どもたちに大きな夢と希望を

念佛宗 今月のものがたり「三頭の子牛」 その55

フナのしっぱい

その54

むかし ある湖に フナのむれがいました。ある日 フナたちは 食べものにありつけず あちこち さがしましたが なかなか 見つかりません…

スズメのやさしさ

その53

ある日 森の木の下で 一ぴきの オオカミが 横になっていました。ぐったりとして とても つらそうに 見えました。そこへ 一羽のスズメが とんできて…

野ネズミと桜の木

その52

ある小高い丘の上に 毎年 きれいな花を さかせる 桜の木が ありました。ある春の日 その桜の木の下に 野ネズミの ふうふが やってきました…

まなびの泉

日々の道しるべ
身近でわかりやすい お釈迦様の教えにふれる

念佛宗 今月の教え「命を大切にする」 その46

志を貫くこと

その45

2016年はリオオリンピックが開催されました。全力で競技する選手たちの姿に、多くの人がたくさんの感動と、勇気をもらえたのではないでしょうか…

他のために

その44

皆さんは、誰かのために善い行いをしたことはありますか。誰でも一度や二度は、周りの人のために善い行いをしたことがあるでしょう。しかし毎日…

平等という意味

その43

学校で、他の子がうらやましいと思ったことはないでしょうか。テストでいつもよい点数をとれる子や、野球やサッカーが上手で、大会で活躍している…

珠玉の言葉

平成の御代
心の時代を生きる仏教精神

念佛宗 今月の言葉「忿懥(ふんち)するところあれば 則ち その正を得ず」 その46

大変な目標だ

その45

日本を代表する輸送用機器メーカー、本田技研工業の創業者、本田宗一郎氏の言葉です。氏は、社員から親しみを込めて、「オヤジ」と呼ばれる一方で

進まざる者は

その44

明治時代にあって、いち早く西欧思想を広め、独立自尊の気概を説いた、慶応義塾の創立者、福沢諭吉が著した『学問のすゝめ』にある言葉です…

貧乏な人とは

その43

2012年にブラジルで開催された「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」で、南米ウルグアイのホセ・ムヒカ大統領は、経済成長を求めて止まない先進各国の…

みんなの道徳

仏教に基づいた道徳観をわかりやすくお伝えします。
小さいお子様には、ぜひ、ご両親が読み聞かせて、
仏教について、いっしょに考える きっかけとしていただければと思います。

念佛宗 今月の教え「言葉2」 その12

言葉2

その12

うそや悪口ではなく、善い言葉を話すようにしましょう。善い言葉とは、善い心からうまれるものです。たとえば、心から「ありがとう」と言うこと…

言葉1

その11

悪い心でうそをつくことはいけません。うそをつくこと自体、よくないことですが、「相手をだましてやろう」という心が、本当に悪いことなのです…

ほしがらない

その10

ほかの人のものを「うらやましい」「自分もほしい」と思ったことは、ありませんか。ほしがる気もちは、どこまでいっても、満足することがありません…

ジャータカ物語

ジャータカ物語とは、おしゃかさまや弟子たちの
生まれかわりの姿が描かれた物語です。
この苦しみの世界で、生まれかわり死にかわりを繰り返す
私たちに、真の幸せへの道を教えてくれます。

念佛宗 今月のものがたり「吹き飛ばされた大木」 その9

もとめる 心

第12話

とおいむかし 雪ぶかい ヒマラヤのふもとで 雪山童子というわかものが本当の幸せをもとめてきびしい修行をつんでいました。ある日のこと 童子の耳に風にのって…

馬と王さまたち

第11話

むかし インドに たくさんの たからものが 集まる ゆたかな 王国がありました。
まわりの 七つの国の 王たちは たからものがひとりじめされていると…

なかなおり

第10話

むかし インドに 若い王さまがいました。 ある日 王さまは 天気がよいので 部屋のまどをあけて おしろの外を ながめていました。すると…

お知らせ

参 詣 の ご 案 内

念佛宗総本山「佛教之王堂」の一般参詣は、ご近所の迷惑にならないよう事前申込制とさせて頂いております。
念仏宗総本山 御参詣希望の方は こちらから ▶
当寺は観光寺院ではありませんので、拝観料はいただきません。


4 月 8 日 は 仏 教 の 日

2017.04.08

 
毎年4 月8 日 「仏教の日」に、全世界仏教徒の聖地「佛教之王堂」にて参詣者一人一人に対して行われる「灌仏式」「灌頂式」(無料)は、経典に、莫大な功徳があると説かれている仏縁です。
全世界の仏教徒と共に、「仏教の日」を祝い、善き仏縁に触れましょう。